適格年金現状分析サポート
HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用

適格年金現状分析サポート

まずは、自社の退職金制度がどのようになっているのかを確認したいという方には、「現状分析コース」をご用意しています。

  • 現状の問題点が分からなければ、処方箋の施しようがない
  • 従業員の同意を得るには、「見直さなければならない」理由の説明は必須
  • また、同じく「現在と新制度での相違点」をしっかり説明しなければならない

このように、しっかりした現状分析を行うことが、退職金問題の解決のためには最もウエイトの高い部分と言えます。

この「現状分析コース」では、御社の退職金制度の現状確認・問題点の洗い出しとともに、適格年金移行のタイミングを検証します。

※コンサルティングサポートの中の「STEP1.現状分析」を行います。

STEP1.現状分析

・基礎条件の把握
社員の年齢構成、勤続年数などの基礎データ、社風や社長の考え方の把握。
これは大変重要なプロセス。現状、将来の会社の負担を考える上で、欠かすことはできません。また、今後の方向性を検討する上でも必須のプロセスです。
 
・退職金規程の現状分析
退職金の水準と退職金カーブ、適格年金への移行割合などを分析します。

 
・適格年金の現状分析
積立不足の確認、運用パフォーマンスをチェックします。

・あわせて、適格年金移行(解約)のタイミングの検証

【料金】
現状分析サポートの料金は、105,000円(税込み)となります。
※従業員数100名を超える場合には、超えた人数×1,000円が追加となります。
※交通費は別途実費を請求させていただきます。

なお、コンサルティングサポート本コースに移行の場合には、この料金は本コースの料金から差し引かせていただきますので、御社にはリスクはありません。

いずれにしてもまずは無料事前個別相談(プレコンサルティング)を行います。こちらをお受け頂き、コンサルティングサポート・現状分析サポートを含め、今後の方針を検討いただきます。

無料事前個別相談(プレコンサルティング)の詳細、お申込みはこちら

2007年08月29日 14:50

HOME日本退職金経営 > 適格年金現状分析サポート

HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用