適格年金なぜ見直しが必要なのか?A
HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用

適格年金なぜ見直しが必要なのか?A

積立不足?予定利率とは?

適格年金は、予め金利(予定利率)を見込んで保険料や年金給付を算出しています。

すなわち、予定利率5.5%というものであれば、5.5%の運用収益が得られることを前提に保険料が計算されているということになります。

ところが、実際の運用収益はというと1%程度に留まっているのが現状です。

この予定利率(例)5.5%)と実際の運用収益(例)1%)の差が積立不足となります。

そして、この積立不足は、保険会社ではなく、導入企業が背負うことになります。

40年後の1000万円積み立てるのに必要な月額掛金は?
●利率5.5%の場合 ⇒ 月額3,300円
●利率1.5%の場合 ⇒ 月額9,700円


適格年金に関するご相談はこちらへ

2007年08月29日 17:55

HOME適格年金情報BOX > 適格年金なぜ見直しが必要なのか?A

HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用