適格年金の移行先は?移行先のメリット・デメリット
HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用

適格年金の移行先は?移行先のメリット・デメリット

401Kプランのデメリット

●ポイント 
 「退職金制度ではなく、公的年金の上乗せとなる老齢給付」

 401Kプランであれば企業には積立不足は生じず、全て解決してしまう。といったようなイメージをもたれている方も多いようです。
 
 が、401Kでまず抑えておかなければならないのは、
 ・支給自由が退職ではなく、老齢である
 ・退職しても60歳以降にならないと支給されないということ

 したがって、中途退職者の手切れ金として活用することはできません。
 
 大変重要なポイントなので、もう一度確認しておきましょう。

 401Kは、中途退職者の手切れ金として活用することはできません。

 運用リスクについては、
 ・従業員が負う(想定より下回った場合でも企業に填補の義務は無い)

  ⇔ 確定給付型の場合、企業が負う(必要額を下回った場合企業に填補の義務)
 
 一度掛金として拠出してしまた保険料は二度と企業に戻ってくることはありません。

適格年金に関するご相談はこちらへ

2007年08月31日 09:06

HOME適格年金情報BOX > 適格年金の移行先は?移行先のメリット・デメリット

HOMEプロフィール住宅予算ハッピー倶楽部ライフプラン保険相談セミナー会社概要会員専用