おすすめ 愛知、岐阜、三重、名古屋の無料保険相談/保険見直しの保険相談連絡協議会はこちら>>
退職金規程 問題の本質はここにあるA
HOMEプロフィール保険相談ライフプラン住宅、ローン教材マネーセミナー会社概要会員専用

退職金規程 問題の本質はここにあるA

適格年金の移行割合とは?

@退職金規程で、仮にAさんには2,000万円退職金を支払います、ということになっていたとしましょう。
A適格退職金契約では、Aさんに1,400万円支払いますという契約だったとします。

この場合、適格年金の移行割合は70%。(1,400÷2,000)
30%は他の方法で準備する必要があるということです。

ですので、注意が必要なのは、

○適格年金の積立不足、実質はその倍程度あることが多い

例えばこんな場合、

・退職金規程では:20,000万円
・うち適格年金契約より:14,000万円
・適格年金の積立不足5,000万円

適格年金の積立不足は5,000万円。
しかし、支払い義務が生じるのは適格年金契約ではなく、退職金規程に基づいて。
適格年金契約は、その一部に過ぎません。

ですから、実質の不足額は15,000万円(20,000万円−5,000万円)

問題は自分が思っているよりずっと大きいということ。
注意しましょう。

適格年金に関するご相談はこちらへ

2007年08月30日 11:20

HOME適格年金情報BOX > 退職金規程 問題の本質はここにあるA

HOMEプロフィール保険相談ライフプラン住宅、ローン教材マネーセミナー会社概要会員専用